ホームページからの新規客獲得数はアクセス数に対して1~2%

ホームページからの新規客獲得数はアクセス数に対して1~2%

実際に、ホームページにアクセスしてもらった数のうち、何パーセントの方がメールや電話でお問い合わせをしてもらえるのでしょうか?


一般的に問い合わせ率は、アクセス数に対して1~2%と言われ、ほぼ1件の問い合わせを集めるには、ページビューで500~1000。アクセス数で1日100~200件は必要だと言われています。これは、弊社の事例でも実証済の結果。

ところが現実は、1日100~200件ものアクセスがあるホームページは稀。アクセスなど、ほとんどないホームページが大半です。それは、一体何故なのでしょうか?


今日のブログは、「ホームページからの新規客獲得数はアクセス数に対して1~2%」と題して、ホームページの目的と実態についてお話ししたいと思います。



【著者プロフィール】

株式会社アクセスアップ/富井清和

1998年東京都千代田区でITベンチャーを起業。金融機関・放送局・大手電機メーカーを含む約1,500社にも及ぶWebシステム開発に携わる。 主にSEO対策を目的としたコンテンツ作りとページ構成を得意とする。

日頃の業務のかたわらで、船井総研との共同セミナー講師、東京税理士会や杉並区中小企業診断士会への技術研修。杉並区商工会議所や武蔵野青年会議所等でセミナー講師を務めホームページの集客方法について語っている。 


新規客の獲得はコストがかかる

結論から申し上げると「アクセス数を増やすためには、ページ数を増やしましょう!」ということです。


「ページを作る=コストが発生する」となるわけですが、新規客の獲得にはコストがかかるのは当然。営業で最も難しいのが新規客の獲得です。それを外注で実現するとなると当然相当の費用が発生ます。

リピーターの5倍のコストが発生すると言われ、リピーター獲得が5万円のコストならば、新規客の獲得は25万円かかると言われています。どの会社でも最重要課題と言われるぐらいに価値のあることなのです。



上図の数値は、あるお客様からお借りしたアクセス状況を示すものですが、赤〇で示したとおり、24時間(1日)でのアクセス数が197件となっています。

結果、毎日1件ほどの新規のお客さんからお問い合わせを集めています。その理由はページ数が180もあるからです。


ページ数が多ければ、ホームページ全体の評価も上がり、トップページが検索上位ランク入りする可能性も出てきます。また、個別ページもSEO対策をしっかりやっておけば、複合キーワードでの検索で上位にランク入りし集客の入り口が増えることになります。

このように、トータルのページ数が10ページより、100ページある方が集客力は断然高くなりますし、200ページだとさらにアップします。

制作コストを抑えるには自分で追加する

前術の例のように180ページも作るとなると、制作費も何百万円といった具合に相当な額になります。


一般的にホームページ制作費には、ページ構成の企画や文章や写真の準備費が含まれ、それとレイアウト・デザイン費用。さらにSEO対策費用が含まれます。

しかし、現在ホームページは、自分で更新できるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が主流で、ある程度基礎部分を制作会社が作れば、残りは初めての人でも簡単にページを量産することができます。


1ページ追加の費用を1~2万円ほど請求された場合、200ページも作るとなる合計200~400万円ととても高額な制作費用になってしまいます。

ところが重要な10ページ程度までは制作会社が作り、残りはコピペと若干の修正だけで自分でどんどん追加すれば、初期の制作費だけで抑えることができます。

追加更新したページは、自分で削除しない限り、3~5年と長期間に渡って集客に貢献してくれます。 なんと、集客コストを掛けずに新規客の獲得ができるのです。



さいごに

如何でしたか?

今日のブログは、「ホームページからの新規客獲得数はアクセス数に対して1~2%」と題して、ホームページの目的と実態についてお話ししました。


ホームページの相談に来られる方の大半は、その目的が新規客獲得です。それは、製造業や飲食店、税理事務所や法律事務所など業種を問わず共通していること。

しかし、その希望を叶えるには「大量のページを制作する」ために相当の費用がかかります。キーワード検索から集客するとなると現実は、そうなんです。

そのことには納得いただけても制作費用を捻出できないと言うケースが大半です。


今までは、我々制作会社も代金をいただけないと赤字になる。お客様もサービスでやってくれとは言いにくい。 お互いの言い分があり、なかなか契約が成立しませんでした。

そんな時に思いついたのが、お客さん自身で更新できる「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」を使うことでした。

今は、役割分担を行い、目的達成に向けて対処できるようになりました。


CMSを使えば、100でも500でも、いや1000でも追加できるページ数に限界はありません。実際に1000ページ以上作られた例もあります。


新規客獲得1件当たりの価値が10万円だとした場合、弊社だと初期制作費は約35万円かかりますが、4件獲得で元が取れるという計算になります。それが、5件目からは0円で獲得できるとなれば、費用対効果は抜群に高くなるはず。


「大量のページを制作する」というアイデアが良いか悪いかは、この費用対効果で比べていただければわかると思います。

如何ですか?

所沢にあるスマホ対応ホームページ制作会社のブログ

所沢にあるスマホ対応ホームページ制作会社のブログ。これからホームページを作りたい方やリニューアルを検討中の方に向けたアドバイス。制作実績1500件の集客のプロが教えるホームページの作り方。