【無視できないビングらー!】他社に勝つ新しい検索エンジンを学ぶ

【無視できないビングらー!】他社に勝つ新しい検索エンジンを学ぶ

検索エンジンといえば、「ググる」という言葉があるように「Google」を使うことが一般的ですが、 世の中には、「ビングる」という方が数パーセントおられるのをご存知でしょうか? 


この通称「ビングる」とは...、「Bing(ビング)」という検索エンジンを使う方のこと。


今日は、この「【無視できないビングらー!】他社に勝つ新しい検索エンジンを学ぶ」と題し、「Bing」を使う人の集客についてお話します。


【著者プロフィール】

株式会社アクセスアップ/富井清和 

1998年東京都千代田区でITベンチャーを起業。 金融機関・放送局・大手電機メーカーを含む約1,500社にも及ぶWebシステム開発に携わる。 主にSEO対策を目的としたコンテンツ作りとページ構成を得意とする。

日頃の業務のかたわらで、船井総研との共同セミナー講師、東京税理士会や杉並区中小企業診断士会への技術研修。杉並区商工会議所や武蔵野青年会議所等でセミナー講師を務めホームページの集客方法について語っている。


新しいパソコンはBingがデフォルト

Windowsのパソコンを購入すると「Microsoft Edge(エッジ)」というブラウザがデフォルトでインストールされています。このブラウザを表示した時の検索窓にキーワードを入力するとGoogleでもYahoo!でもなく、「Bing(ビング)」が検索エンジンとして動きます。


「Google Chrome」や「Firefox」などのブラウザは自分でインストールしないといけませんし、 「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンも自分でアクセスし、お気に入りに入れなければなりません。

そこでパソコンに詳しくない方は、出荷時の設定のままブラウザも検索エンジンも利用されるケースが多く、これらのユーザーは「インターネットにそれほど精通していない層」と考えられ、GoogleやYahoo!へのこだわりがなく、無意識にBingを利用していると思われています。



BingのSEO対策とは

検索サイトとしての利用者数は少ないBingですが、Googleほど流入数は見込めないにしても、検索結果上位に表示にランク入りすれば集客が期待できます。


BingはGoogleとは異なるMicrosoft社独自の検索システムを使用しています。そのため、「Bing Webmaster Guidelines」と呼ばれるガイドラインがあり、独自の基準があります。

基本的にGoogle向けのSEO対策を行うことでそれなりに上位表示に必要な要素は満たすことができますが、Windows10に変わってからBingの利用者は無視できない存在になっています。


Bingからの流入を期待する場合には、「ウェブマスターツール」にホームページを登録しておきましょう。 検索に使われたキーワードも表示されるので便利です。

>>Bingのウェブマスターツール



さいごに

如何でしたか?

今日は、「【無視できないビングらー!】他社に勝つ新しい検索エンジンを学ぶ」と題し、「Bing」を使う人の集客についてお話しました。


Bing利用者は、GoogleやYahoo!に比べ数パーセントと少数ですが、上位表示できる率が高くなるので集客が期待できます。

また、Bingは動画の検索にとても便利な検索エンジンです。マウスオーバーでハイライト部分が視聴できるので、あらゆる動画の中で見たいものを探すのに便利です。


私たちが始めてパソコンに触れた時からお世話になっているマイクロソフトが開発した「Bing」。Officeとの連動やらなんやらで今後もお世話になりそうな予感がしています。 

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方ブログ。ホームページ制作実績1,500件の集客のプロが教えるホームページの作り方。埼玉県所沢市