【クリック率を上げる!】費用を明確にするサービス業のホームページ活用

【クリック率を上げる!】費用を明確にするサービス業のホームページ活用

検索エンジンでググった時は、そのサービスに一体いくらかかるのか?「費用」や「料金」、「報酬」などお金がいくらかかるかはとても気になります。


ビックキーワードと一緒に検索に使われる単語にも、「費用」「料金」はよく候補として挙げられるほど、世間の悩みがお金問題にあることを教えてくれます。


ということで今日のブログは、「【クリック率を上げる!】費用を明確にするサービス業のホームページ活用」と題して、アクセス数を増やすポイントについてお話したいと思います。


【著者プロフィール】

株式会社アクセスアップ/富井清和 

1998年東京都千代田区でITベンチャーを起業。 金融機関・放送局・大手電機メーカーを含む約1,500社にも及ぶWebシステム開発に携わる。 主にSEO対策を目的としたコンテンツ作りとページ構成を得意とする。

日頃の業務のかたわらで、船井総研との共同セミナー講師、東京税理士会や杉並区中小企業診断士会への技術研修。杉並区商工会議所や武蔵野青年会議所等でセミナー講師を務めホームページの集客方法について語っている。



ページタイトルや概要文にお金の情報を付け加える

東京都八王子市で染み抜き宅配クリーニングを行う「染み抜き屋」様。  


「カレーやペンキなど染みの原因になった液」と「染み抜き」「クリーニング」と検索すると、「料金1500円~」とタイトルに費用が表示されます。

このようにページタイトルや概要文に気になるお金の情報を付け加えると、集客に大きな効果があります。



予想される事例を先読みした案内ページを

今回紹介した「染み抜き屋」様は、予想される事例を先読みして、その案内ページを最初に作っておいてような感じになっています。


染みの種類毎のページは、ついついクリーニングサービスを売り込んでしまいがちになるページ内容が事例ベースに作られるため、お客さん視点になり説得力が生まれます

また、しっかり作り込みをすると複合キーワード検索に対応したSEO対策にもなります

さらに、同じサービスを提供し続ける限り、新たな事例は生まれ続けますので、更新ネタにも困らず新たな案内ページを新設することができます。



さいごに

如何でしたか?

今日は、「【クリック率を上げる!】費用を明確にするサービス業のホームページ活用」と題して、アクセス数を増やすポイントについてお話ししました。


ご紹介した「染み抜き屋」様は、現在新社屋を建設中。その完成に合わせてホームページもリニューアル予定です。

税理士の先生から紹介され出会い、ここまでホームページが売上に貢献できていることはとても光栄で嬉しく思います。なにしろ、毎回弊社で開催する勉強会にも必ずご参加いただき、取材にお伺いすると八王子の美味しい焼き鳥やお寿司をご馳走になったりと大変お世話になってきました。

新社屋が完成しても、身近で心強いホームページの専門家としておつきあいいただければ幸いです。また、”独創的なアイデア”ご提供させていただきます。

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方ブログ。ホームページ制作実績1,500件の集客のプロが教えるホームページの作り方。埼玉県所沢市