【未導入!スマホ対応化】ホームページをスマホで見た時の2つの問題点

【未導入!スマホ対応化】ホームページをスマホで見た時の2つの問題点


数年前から急激に普及したスマホやタブレット。Googleも2021年3月末にホームページの評価軸をスマホへと強制移行するほど、普及への勢いは止まりません。


これに伴い、「パソコン用ホームページとスマホ用ホームページの差を減らす」ことが必要となり、ホームページをスマホ対応化する会社が増えています。


どうでしょう、あなたの会社のホームページは、このスマホ対応ができているでしょうか。


今日のブログは、まだスマホ対応化されていないホームページオーナーに向けて「【未導入!スマホ対応化】ホームページをスマホで見た時の2つの問題点」と題し、スマホ化されていないホームページのリスクについてお話したいと思います。



【著者プロフィール】 

株式会社アクセスアップ/富井清和 

1998年東京都千代田区でITベンチャーを起業。 金融機関・放送局・大手電機メーカーを含む約1,500社にも及ぶWebシステム開発に携わる。船井総研との共同セミナー講師、東京税理士会や杉並区中小企業診断士会への技術研修。杉並区商工会議所や武蔵野青年会議所等でセミナー講師を務める。



閲覧者の見た目:「見難いホームページ」

スマホからの利用者の普及は、社会の変化です。今後は、ホームページへのスマホからのアクセスはより増えていくでしょう。


それにもかかわらず、スマホからアクセスできなかったり、アクセスしても見難いホームページだと、せっかくの訪問者から「時代遅れ」と判断されてしまう可能性があります。


今や多くのユーザーがキーワード検索をスマホやタブレットで行なっており、総務省「平成30年版 情報通信白書」の調査を見ても、モバイル端末の保有率は84%と、その高さが伺えます。

しかし、パソコンよりも小さいモニター画面のスマホにホームページを表示させると、2本の指で「スワイプ」(拡大)しなければならず、操作がやり辛く不便に感じます。


そこでどんなモニターサイズでも最適化表示できるのが「レスポンシブWebデザイン」を使ったホームページです。この「レスポンシブWebデザイン」使ったホームページのことを一般的には「スマホ対応のホームページ」と呼んでいます。


レスポンシブ化されたホームページは端末の画面サイズに依存しないため、今後世に出てくるであろう新しい端末に対しても、しっかりと閲覧者の見た目で表示させることが可能です。

一旦導入すれば、今後「時代遅れのホームページ」にならなくて済むわけです。


「見難いホームページ」のままでは、時代遅れとみなされ離脱率が上がります。せっかくの訪問者をコンテンツ以外の部分で逃さないためにも、スマホ対応は必須といえます。


Googleの見た目:「使い難いホームページ」

検索エンジンの評価というのは、一定ではありません。検索順位は常に変化しています。


Googleは現在「MFI」という評価指針に基づいてスマホ対応のホームページを主な評価対象とする方針を立てています。

このMFIとは、Mobile First Index(モバイルファーストインデックス)の略で、検索エンジンとしての認識・評価対象をパソコン用ホームページではなくスマホをはじめとするモバイル向けページへと転換する指針のことです。

このMFIへは2021年3月末に全てのサイトにおいて強制移行が実施されました。

>>スマホ対応かの判断できる「モバイルフレンドリーテスト」


世の中の大半のホームページがスマホ対応化する中、自分の会社だけまだ未導入だとなれば、訪問者のとって「使い難いホームページ」と判断され、Googleの評価が他社サイトに抜かれてしまいます。


いろいろな端末がネットに接続できる時代に「時代遅れのホームページ」と判断されれば、検索順位が落ちてしまう可能性もあり、今までのようなアクセス数も見込めなくなってしまいます。



このように、スマホ対応化されていないとホームページに対する「閲覧者やGoogleのイメージ」に悪い影響があります。

スマホ利用者が増加傾向にある今、スマホ対応にしないデメリットは非常に大きいといえるでしょう。



さいごに

如何でしたか?

今日は、ホームページのスマホ対応化について紹介しました。


スマホ対応のホームページとは、1つのホームページをいろんなサイズのモニター毎にデザインを最適化できる「レスポンシブWebデザイン」でホームページを制作したもの。

「タップ」「スライド」など指一本で操作できるよう十分な文字間や文字サイズに最適化されています。


ホームページに関する基準は、目まぐるしい勢いで変化しています。SSL化やスマホ対応化など、新しい基準が導入されると、その都度対応していく必要があります。

もし「ウチはどうすればいいのだろう」とお悩みの場合には、弊社(株式会社アクセスアップ)までお気軽にご相談ください。 親切丁寧にお答えいたします。


【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方ブログ。ホームページ制作実績1,500件の集客のプロが教えるホームページの作り方。埼玉県所沢市