ブログに書くネタとは?

インターネット上には膨大な数のホームページが存在するものの、その半数以上は1日10人以下のアクセス数しかないと言われています。

反面、中小企業のホームページでも、1日数百件以上もアクセスがあるホームページも存在します。


この2種類の例での一番の違いは「コンテンツ量(ページ数)」です。

1日10人以下のケースは、ホームページのページ数は10ページ前後。 一方、1日数百件以上ケースでは、ページ数は数百~数千ページもあるケースが大変です。


何年も掛け、良質なコンテンツを継続的に更新することで、GoogleやYahooなど検索エンジンからの集客を狙うのです。



ブログのネタ切れに悩む時は

ブログを運営していると「ブログのネタ切れ」に悩むかもしれません。


しかし誰でも「ブログのネタ切れ問題」には遭遇した経験のあること。これは有名なインスタグラマーやユーチュバーでも同様です。

始める前はいくらでも投稿できる勢いだったのに、開設準備が整うと意外と投稿ネタがなかったっていうケースがあるそうです。


普通に暮らしていればそう毎日魅力的な出来事やシーンに遭遇するわけはなく、ネタが見つかったとしても記事にしてみたら「どうも違うな」と感じてしまう。 そんな状態を繰り返しているうちに「書きたいけど書けない」というプレッシャーを感じることもあると思います。 


「ブログネタ」参考サイト



広告に比べ安定かつ長期的に集客できる

毎日ブログの投稿を行うと、広告に比べ安定的かつ長期的に集客できるのでおススメです。


広告は、掲載をし続けなければ集客効果を維持できませんが、ブログは自ら削除しないかぎり永続的に集客をし続けます。もちろん、ひとつひとつの投稿記事には丁寧にSEO対策もしなければいけません。結果的に1日に1人だったアクセス数が、2人、3人、5人、7人、何十人へと増えいきます。


これは、投稿したブログひとつひとつが集客力を持ち、良質な投稿を増やせば増やすほど集客力が増加していくことを意味します。

将来の集客基盤を整えるためにも、ぜひ今からブログ投稿に取り組んでみてください。 



この四連休は自宅でオリンピック三昧(テレビ観戦)でした。

選手の活躍する姿に胸打たれてしまう。始まってみると、開催して良かったと思ってしまうのは私だけでしょうか。


今日、治療薬の国内治験を開始したとニュースがありました。

早く承認されて、一日も早く普通にスポーツ観戦できる日が戻ってきて欲しいものです。





【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方ブログ。ホームページ制作実績1,500件の集客のプロが教えるホームページの作り方。埼玉県所沢市