動画でホームページの問い合わせを増やす

最近ではインターネット回線の高速化やデバイスの進化によって、ホームページに動画を埋め込む事例が増えています。


SEO対策や広告などホームページのアクセス数を増やす方法に加え、一旦アクセスしてくれた見込み客を問い合わせに繋げる方法として利用されているようです。

今までは、ホームページの各階層にページを設け文章や写真でアピールしか方法はありませんでしたが、動画になると、直感的・感覚的に理解できるため、高い訴求力が期待できます。



YouTubeにアップした動画を埋め込む

現在は、YouTubeを利用すれば、だれでも簡単にホームページに動画を埋め込むことができます。YouTubeは動画の共有サービスですから、重たい動画データの利用も投稿数も気にしなくても済みます。また、SEO対策的にも有利です。

ところが、YouTubeに投稿した動画の埋め込みには、「①タイトル下にある<共有>をクリック → ②新しいウィンドウが開くので<埋め込む>で表示されるタグをそのまま埋め込む」だけでは、再生ボタンを押さなければ再生できません。

そこで、いきなり動画が再生される「自動再生」と、動画が最後まで行くと自動で最初に戻って再生される「ループ再生」のタグについてご説明します。
 

【埋め込みコード】

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/●動画ID●?controls=0" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen> 

 この「●動画ID●」は自分の動画に発行されたIDです。それが入ったコード全体に含まれる一部に変更を加えることで、自動再生や何度もループさせることができます。



【autoplay】自動再生の設定方法

ホームページにYoutubeが表示された時に、再生ボタンを押さなくてもいきなり動画が再生されます。 

 「autoplay=1を設定する

例:https://www.youtube.com/embed/●動画ID●?autoplay=1&mute=1



【loop】ループ再生の設定方法

ループ再生とは、動画が最後まで行くと自動で最初に戻って再生されること。

「loop=1」を設定する

例:https://www.youtube.com/embed/●動画ID●?loop=1&playlist=●動画ID●



いかがでしたでしょうか。


今回はYouTubeの埋め込み方法をご紹介しました。皆さんも、自社のホームページをより魅力的にするために、動画を埋め込んでみてはいかがでしょうか。 

 動画のクオリティ次第ですが、文字や写真だけよりも効果が上がると思いますよ。

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方

【プロが教える】中小企業の集客ホームページの作り方ブログ。ホームページ制作実績1,500件の集客のプロが教えるホームページの作り方。埼玉県所沢市