ホームページのレスポンシブ化

スマホやタブレットなど端末サイズに応じて画面が最適化されるホームページのことを「レスポンシブ化されたホームページ」と呼びます。

パソコンで見ると横長のものも、スマホで見ると縦長にという具合に、同じアドレスでも見る側の画面サイズに応じてデザインが変わるというものです。


スマホが出始めた頃には、スマホ用に別サイトを作成し、PC用とスマホ用の二つのホームページを持っていたりもしました。

やがてPC用とスマホ用の検索エンジンを持っていたgoogleが「データベースはスマホ用に統一する」と発表したため、端末サイズに応じて画面が最適化される「レスポンシブ化されたホームページ」に変え始め、今ではこれが常識になっています。


レスポンシブと認められるには、「指1本でスクロールするだけで見れる!」「リンクの文字がクリックしやすい大きさ」などスマホユーザーが使いやすいと思われる条件があります。

そのため、パソコン用デザインでも文字間を大きくとったり、ダイナミックなレイアウトにしたりとデザイン面でも工夫が必要になってきました。

また、キーワード検索順位もパソコン用とスマホ用ともに同じ結果が引き継がれるため、集客にも効果があります。


もし、ホームページを持っているにも関わらず、スマホの検索結果で表示されない場合は、ホームページがレスポンシブ化されていないことが考えられます。

所沢市のホームページ制作会社 ‐ ABCBLOGのブログ

埼玉県所沢市のホームページ制作会社のブログ。集客・採用のホームページやネットショップの開業支援。事例やお客様インタビュー、勉強会、各種お知らせ。