フォームページに警告表示!ユーザーの入力情報...守れていますか

『以前にアクセスした時には表示できたページが警告表示になってしまった。』

そんな経験はないでしょうか?

これは、入力フォームがあるページのアドレスが「http://」から始まる時に表示される警告で、入力されたユーザーの名前や住所、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を守れない可能性を表示しています。


ブラウザがそのページやホームページを運営するサーバーに危険性があると判断したため、ホームページを見る人に安全性が保たれていないというメッセージです。

こんなメッセージが表示されると、怖くてそれ以上進むことはできません。


2017年7月21日金曜日発表「ChromeのHTTP接続におけるセキュリティ強化に向けて」記事

https://webmaster-ja.googleblog.com/


自社ホームページが警告表示されないようにするには....

ホームページを運営しているサーバー(ホームページ)にSSL証明書を導入し、全ページに実装されていることを表示するように設定します。

SSLは、パソコンソフトのようにライセンス料を支払って購入し、毎年ライセンス更新料やサーバー使用料を支払うことで、発行元が安全を証明します。加えてサーバー設定やホームページ内のリンクや画像URLを変更するなどの作業が必要となりますが、一度やっておくと、警告表示されることはありません。

Googleは、検索結果にも影響すると発表しているだけに、早めの対策をおススメします。


【SSL導入事例】

株式会社大藪保険コンサルタント様

https://www.yabuyabu.com/

株式会社プロフェッショナル・パーカッション様

https://www.pro-per.co.jp/

TAKAIDOクールフロー株式会社様 採用サイト

https://saiyo.takaido.co.jp/


【SSL導入費用例】

■旧ABCBLOGご利用の場合

初回:75,000円(税別)

毎年更新料(次年度~):20,000円(税別)

■2017.7~新ABCBLOGご利用の場合

初回:35,000円(税別)

月額利用料:1,500円(税別)

毎年更新料(次年度~):15,000円(税別)

ABCBLOG

ホームページ制作事例やお客様インタビュー、勉強会、各種お知らせのご案内。